So-net無料ブログ作成

乱暴に扱っているのに

恋をしていて夢中のときは、論理的な思考力が落ちる事が多い。なぜかと言うと左脳と右脳では論理脳、感覚脳に働きが分かれ、恋愛をしてる最中は感情を担当する右脳が力を存分に発揮して活動しているから。 意中の異性の“恋人の存在”をスマートにはっきりさせる事ができる手順を紹介します。1まずは、軽いデート(映画とか)に連れ出してみる。次に2さらっと「あなた、彼女とはあまり○○○を観に行かないの?」と尋ねてみるのがベスト。 「運勢占いの結果を見たら、俺たちって相性抜群な関係なんだって!」と伝えてみよう!相性抜群と言う事を口にしてみる事によって「自分たちは間違いなくうまくいく」という確信させる変化が期待して間違いない。 男性たちは普通、女性とコミュニケーションをとるのが苦手で当然な生き物。女性を「からかう」行為を、思ってもいないのに選択してしまっている時が多い。結局、無意識にからかう事で上手にコミュニケーションをとるのが苦手な女性との接点が生まれる。 「犬好き」を自負している人は感情表現にあふれたパートナーを作りたがる。思いを注いだ分だけ自分に向かって応えてくれる、そんなお付き合いのできる恋人がほしいと考えてしまう時が少なくない。 「今度は行きたいところにお食事に行こうね」と聞いたら、「そのうちに行きたいね」と尋ねた相手からお返事のメールが届くようなら、高確率で無理。 よく使われた『合コン』『飲み会』という古びた言い方マンネリで、あきれ返る。彼女にしたい女性を本当に誘いたいなら『お食事会』とか『イベント』を理由に招待したほうが、誘われた相手も不自然に感じない。 世にバッドボーイズ理論というのはこういう事。それは普段はやさしさに欠け、四六時中パートナーを乱暴に扱っているのに、まれに見せる優しい心に恋人の女性は感激してしまうというわけなのだ。 一見迷惑そうな、もしくは謙遜した反応が、そういう人のとても魅力的を高めるのだ。逆に、いとも容易に誘いにのるようでは、人間のとても魅力的下げるのだ。 恋愛(れんあい)に関して言えば、人が他の人に対して生じさせる非常にロマンチックで親しい仲になりたいと考える感情でそれに加えて、その特別な感情に基づいたさまざまな恋心に満ちた表情や動作を伴う。
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。