So-net無料ブログ作成

聞いた事を聞いて貰いたくて

以前から素敵だと想いを寄せていた人に告白するときは感情の理由づけが必要。「〜だから、付き合いたい」といった理由をはっきりとすれば、一段と説得力や真実性が高まるわけです。 自分勝手な事ばかり言うと思われている「ギャル系と言われる女」は異性から嫌われる事が多い。「デートしてても、振り回されて、ヘトヘトになる」想像があると言う事。 驚いた事にSNSや出会い系サイトから出会った方がそれ以外よりも、深い関係になるまでわずかしかかからない。外見からではなく内側から知り合っているので、現実の世界で対面した際には、安心して本心を許しやすいからだと思われます。 口説きたい人に費やしたり(金銭的、心や、時間)すれば男性はつぎ込んだ相手を好きになる事がふつうである。それどころか、否が応でも好きになるしかなくなる事間違いないと言って良いでしょうね 気になる異性が体調を崩して弱っているからこそ本気で言った言葉や心配の心遣いを知らせる事ができたら、電撃的に相手を魅了する事ができるというゆえに、いいタイミングである。 「愛している様だ」という言葉の隠れた部分にはたいていは「私の事を愛して下さい」が含まれている。男女の愛はお互いに慈しむようでも、本当は反対に奪い合うものなのである。 自分の彼女にしたい相手が病気やけがで弱気になっているときこそ誠意をこめた言葉や心配しているんだという感情を気づいてもらえると、電光石火で相手を自分のほうにむかせられる事から、気を抜けない。 感情を知りたい人に使ったり(お金、心身的にも時間的にさえも)しただけ、人間と言うものはそうやって投資した人を好きになるものである。好きになる、というよりも強引に好きにならざるを得なくなってしまう。 恋をしていて夢中のときはウソは避けたい。ところが、誠意をこめた恋だからこそウソも存在している。細かなウソは実は恋人を幸せな感情にさせる事が多い。 女の人からの疑問を同じように聞き返す事をしない男性は女性にモテる事ではない。女性というものは相手に聞いた事を聞いて貰いたくてそんなふうに聞くのである。本人の疑問は同様に聞いてほしいという難しい生き物だ。
nice!(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。